トップページ>労働衛生対策

 労働衛生対策

 1 メンタルヘルス対策 
 2 過重労働対策
 3 一酸化炭素による労働災害の防止について
 4 化学防護手袋の選択、使用等について
 5 建築物等から除去した石綿含有廃棄物の具体的取扱いについて
 6 防毒マスクの選択、使用等に係る留意点             

1 メンタルヘルス対策  top▲

(1)心の健康づくり計画について  top▲

「職場における心の健康づくり」 冊子(.pdf) 
労働者の心の健康保持増進のための指針(新旧対照表) 平成27年11月30日改正
事業場における心の健康づくり計画及びストレスチェック実施計画(例)(.pdf) 
  ・・・ストレスチェック制度実施マニュアルP15-20 ・ 以下にwordファイルあり

(2)職場復帰支援について  top▲

 「心の健康問題により休業した労働者の職場復帰支援の手引き」 冊子(.pdf)
 職場復帰支援に関する情報提供依頼書(.docx)  職場復帰支援に関する面接記録票(.docx)
 職場復帰に関する意見書(.docx)  職場復帰及び就業上の配慮に関する情報提供書(.docx) 

  リワーク施設ご案内   復職 の訓練施設としてリワーク施設をご利用することもできます。
    山口障害者職業センター(防府市)・・・ 無料、公務員は不可。
    うつ病リワーク研究会 ・・・ 全国のリワークプログラムを実施している施設が検索できます。

(3)ストレスチェック制度について  top▲

 ・ストレスチェック制度関連サイト [厚生労働省]

 ・ストレスチェック制度サポートダイヤル TEL 0570-03-1050 平日10時~17時 (土日祝日、12/29-1/3を除く)

   ストレスチェック実施者や事業者、衛生管理者等のストレスチェック制度担当者等からの、制度に係る実施方法、
   職場環境の改善、不利益な取扱いなどの専門的な相談に応じ、解決方法等を助言するための電話相談窓口。

 以下に「ストレスチェック制度」実施にあたっての各種フォーマット等を掲載しております。
 制度の詳細については、ストレスチェック制度実施マニュアル(.pdf)(しおりを付与しております。)をご確認下さい。

1 実施前

(概要)  ストレスチェック導入マニュアル(.pdf) [厚生労働省] 全体の流れの確認にご利用下さい。
(規程作成)
  衛生委員会等における調査審議、事業場におけるストレスチェック制度の実施に関する規程を定め、
  これをあらかじめ労働者に対して周知することが必要です。(ストレスチェック制度関連の省令、告示、指針
事業場における労働者の健康保持増進のための指針(新旧対照表)(.pdf) 平成27年11月30日改正
健康診断結果に基づき事業者が講ずべき措置に関する指針(新旧対照表)(.pdf) 平成27年11月30日改正
心理的な負担の程度を把握するための検査及び面接指導の実施並びに面接指導結果に基づき事業者が講ずべき措置に
 関する指針(新旧対照表)(.pdf)
 平成27年11月30日改正

 事業場における心の健康づくり計画及びストレスチェック実施計画(例)(.pdf) 
  ・・・ストレスチェック制度実施マニュアルP15-20 ・ 以下にwordファイルあり
 ストレスチェック制度実施規程(例)(.pdf) [厚生労働省]
  厚生労働省が作成した規程(例)です。当センターで、wordファイルに変換したものを作成しておりますので、
  自由に加工してご利用下さい。(ストレスチェック制度実施規程(例)(.docx)) 

2 ストレスチェックの実施

 ストレスチェック制度実施プログラムダウンロードサイト [厚生労働省]
  ストレスチェックの受検、結果出力、集団分析等ができるプログラムが無料でダウンロードできます。
  プログラムの使用方法についての問い合わせ先 TEL 0120-65-3167 (平日10時~17時)

 ※山口産業保健総合支援センターでは、Shared Questionnaire System (SQS)c (千葉商科大学の久保裕也先生が
   開発した光学式マーク読取(OMR)を備えるマークシート形式の調査票作成・入力の統合アプリケーションです。)を
   利用した、受検者が紙媒体(マークシート)で回答したものを、csvファイル化することが可能な読取方法、調査票等を
   参考までに掲載しています。 (奥田昌之 当センター相談員作成)
   マークシート読み取り方法(.docx)  調査票23項目版(.pdf)  調査票57項目版(.pdf) 
   【統計解析ソフト Rを用いた高ストレス者の判定と集団集計素点換算表】
   R_ストレスチェック(20160524-2.rtf)  素点換算表(20160524-1.xlsx)

 外部機関を利用する場合のチェックリスト(.pdf) ・・・ ストレスチェック制度実施マニュアルP119
  外部機関を利用して実施する際に確認しておくことのチェックリストです。
 ストレスチェック実施時の文例(.pdf) ・・・ ストレスチェック制度実施マニュアルP29 ・ 以下にwordファイルあり
  ストレスチェック実施の際に受検者に回覧する文書のサンプルです。
 こころの相談窓口(全国、山口県内) ・・・ 相談窓口を紹介する際の参考にして下さい。

3 面接指導

面接指導の具体的な進め方と留意点(.pdf) ・・・ ストレスチェック制度実施マニュアルP68-76 ・ 以下wordファイルあり。P68-69面接指導自己チェック表の例、P71構造化面談法、P84面接指導結果報告書は以下excelファイルあり。
面接指導結果に基づく医師の意見書の例(.pdf) ・・・ ストレスチェック制度実施マニュアルP84 ・ 以下excelファイルあり
長時間労働者、高ストレス者の面接指導に関する報告書・意見書作成マニュアル [厚生労働省]・・・リンク先wordファイル有  

4 全体の評価・報告

心理的な負担の程度を把握するための検査結果等報告書(.pdf) ・・・ ストレスチェック制度実施マニュアルP100
  ストレスチェック、面接指導実施後、監督署に報告が必要です。報告はH28年4月以降とのことです。

★ ストレスチェック制度実施マニュアルのword、excel形式のフォーマット
     (ファイル保護等はかけておりません。ご自由にどうぞ。)  top▲
 P15-20 事業場における心の健康づくり計画及びストレスチェック実施計画(例)(.docx)
 P29 ストレスチェック実施時の文例(.docx)
 P51 あなたのストレスプロフィール(.docx)
 P52-53 セルフケアのアドバイスの記載例(.docx)
 P68-76 面接指導の具体的な進め方と留意点(.docx)
 P68-69 面接指導自己チェック表の例(.xlsx)
(チェックに対応した数字が表示されますが、数字の大小がストレス度を表示するものにはなっておりません。)
 P71 構造化面談法(.xlsx)
 P84 面接指導結果報告書及び事後措置意見書(.xlsx)
 P162-163 職業性ストレス調査票57項目(.docx)
 P164 職業性ストレス調査票23項目(.docx)

2 過重労働対策 top▲

過重労働対策について  (厚生労働省安全衛生ナビ)
過重労働対策ナビNAVI  (産業医科大学) 調査研究を通じて得られた過重労働対策等が掲載されています。    

・チェックリスト

  長時間労働者の面接指導チェックリスト・マニュアル  (産業医学振興財団) リンク先にwordファイル有    

50人以上の事業場用と、地域産業保健センター用の2種類があります。
地域産業保健センター用は質問項目が少なくなっています。
労働者の疲労蓄積度チェックリスト  (厚生労働省)

 3 一酸化炭素による労働災害の防止について  top▲

 一酸化炭素中毒の防止については、平成23年7月22日付け基安化発0722第1号「一酸化炭素による労働災害の防止について(要請)」により、 具体的な措置事項等の周知徹底が図られてきているにもかかわらず、未だに一酸化炭素中毒による労働災害が散見されます。
(別紙1)一酸化炭素による労働災害の発生状況
(別紙2)一酸化炭素による労働災害の概要(全国、平成27年、休業4日以上の死傷災害
(別紙3)近年における一酸化炭素による労働災害(例)
 内燃機関を使用する際の換気、警報装置の使用、労働衛生教育の実施など、一酸化中毒防止のために実施すべき事項を改めて徹底しましょう。

一酸化炭素中毒の事例が見られる主な業種・作業

◆ 建設工事業、設備工事業等
◆ 食料品製造業、ホテル旅館業、一般飲食店等
◆ 鉄鋼業
◆ 溶接作業

一酸化炭素中毒対策に係る規定等

労働安全衛生規則第578条(内燃機関の使用禁止)
  事業者は、坑、井筒、潜函(かん)、タンク又は船倉の内部その他の場所で、自然換気が不十分なところにおいては、内燃機関を有する機械を使用してはならない。 ただし、当該内燃機関の排気ガスによる健康障害を防止するため当該場所を換気するときは、この限りでない。

「建設業における一酸化炭素中毒防止のためのガイドラインの策定について」(平成10年6月1日基発第329号の2)
  建設業において自然換気が不十分な作業場所における、内燃機関を有する機械の使用又は練炭の燃焼によるコンクリート養生作業等について、一酸化炭素にばく露されるおそれがある場合の換気、警報装置の要件を定めたもの。

「アーク溶接作業における一酸化炭素中毒の防止について」(平成16年9月21日付け基安化発第0921001号)
  タンク、ボイラー又は反応塔の内部その他通風が不十分な場所、通風が不十分な屋内作業場において行うアーク溶接作業について、換気等の実施を要請したもの。

『「鉄鋼業における化学物質管理マニュアル」の送付について』(平成17年6月1日付け基安化発第0601001号)
  鉄鋼業における一酸化炭素関連設備からの一酸化炭素の漏洩防止、一酸化炭素を含むガスが発生していた場所にやむを得ず立ち入る必要がある場合の確実な換気、的確な方法による一酸化炭素濃度測定等を定めたもの。

「鉄鋼業における一酸化炭素中毒の防止にかかる点検の実施結果について」(平成18年4月18日付け基安化発第0418001号)
  上記マニュアル等を踏まえて鉄鋼業において一酸化炭素中毒の防止に係る自主点検の結果をまとめたもの。

「業務用厨房施設における一酸化炭素中毒による労働災害防止について」(平成21年12月4日付け基安化発第1204第1号)
  外食チェーン等の業務用厨房施設においてガス燃焼機器を使用する作業について、ガス燃焼機器使用中の換気の徹底、一酸化炭素センサーの設置等を要請したもの。

一酸化炭素中毒とは

 一酸化炭素は不完全燃焼状態で炭素化合物が燃焼する際に発生し、無色・無臭で、その存在が感知しにくい気体ですが、空気とほぼ同じ重さ(比重(空気を1としたときの重さ):0.967)で、強い毒性を有しています。一酸化炭素は、赤血球中のヘモグロビンと結合しやすく、このため一酸化炭素を吸入すると血液の酸素運搬能力が下がることにより一酸化炭素中毒が起きます。一酸化炭素中毒は、軽度の頭痛、吐き気等からはじまり、その後、昏倒、致命傷に至るため、無意識のうちに被災するという特徴があります。
 災害が発生しやすい場所としては、換気が不十分な場所における火気の使用や、冬場の土木作業におけるコンクリート養生作業、トンネル等におけるガソリンエンジン、発電機の使用、換気の悪い場所でのエンジンの空ふかしなどがあります。冬場に鍋物等の火気を使用した煮炊きをし、同時に飲酒等により酩酊状態となると、一酸化炭素中毒の初期症状を見つけられず、その後の症状がより重篤なものとなる危険性があります。

           

 4 化学防護手袋の選択、使用等について  top▲

            

 有害な化学物質が直接皮膚に接触することによって生じる、皮膚の損傷等の皮膚障害や、体内への経皮による吸収によって生じる健康障害を防止するためには、化学物質を製造し、又は取り扱う設備の自動化や密閉化、適切な治具の使用等により、有害な化学物質への接触の機会をできるだけ少なくすることが必要です。
しかし、作業の性質上本質的なばく露防止対策が取れない場合には、化学防護手袋の使用が重要となります。
化学防護手袋は、使用されている材料によって、防護性能、作業性、機械的強度等が変わるため、対象とする有害な化学物質を考慮して作業に適した手袋を選択する必要があります。   

化学防護手袋の選択、使用等の留意事項

「化学防護手袋の選択、使用等について」(平成29年1月12日付け基発0112第6号)


化学防護手袋の選択、使用等に係る参考資料

オルト―トルイジンに対する化学防護手袋の資料(公益社団法人日本保安用品協会・日本防護手袋研究会)
オルト―トルイジンに対して化学防護手袋を使用する上でのQ&A(日本防護手袋研究会)
◆保護具選定のためのケミカルインデックス(十文字学園女子大学・田中茂教授の研究室のホームページ)
    URL:http://www.jumonji-u.ac.jp/shokuei/stanaka/top.html

化学防護手袋の選択、使用等に係る相談機関

独立行政法人労働者健康安全機構(都道府県産業保健総合支援センター)
中央労働災害防止協会(本部安全衛生相談窓口、各地区安全衛生サービスセンター・支所、大阪労働衛生総合センター)
公益社団法人日本保安用品協会・日本防護手袋研究会

 5 建築物等から除去した石綿含有廃棄物の具体的取扱いについて   top▲


 建築物等から除去した石綿等の運搬、貯蔵等を行う際の具体的取扱いについて、厚生労働省から下記のとおり示されましたので、除去後から廃棄までの過程等における労働者の石綿ばく露防止の一層の推進を図りましょう。

                                    記

1 建築物等から除去した石綿等については、石綿障害予防規則(以下石綿則といいます。)第32条第1項及び第2項に基
 づき、その後の運搬、貯蔵等の際に、石綿粉じんが発散するおそれがないよう、確実な包装等を行い、個々の包装等の見
 やすい箇所に石綿等が入っていること及びその取扱い上の注意事項を表示しなければならないこと。

2 石綿則第32 条第1項の「確実な包装」については、フレコンバッグやビニル袋等に石綿建材を単に入れるだけでなく、
 石綿等が包装からあふれ出たり、又は包装が破れて石綿等がこぼれ落ちることのないようにするとともに、袋を閉じるなど
 粉じんの発散を防止する形での包装が必要であること。

3 押出し成形セメント板のように包装が困難なものについては、ビニルシートによる覆い、破断面の湿潤化等により、石綿粉
 じんの発散がないようにする必要があること。なお、かえって労働者のばく露が大きくならないよう、フレコンバッグで包装す
 るためにいたずらに細かく破砕することは避けること。

4 例えばシステム天井の天井板をそのまま外したこと等により石綿粉じんの発散のおそれがないものについては、平成17
 年3 月18 日付け基発第0318003号の「塊状であって、そのままの状態では発じんのおそれがないもの」に該当し、第1
 項及び第2項は適用されないが、同条第3項及び第4項(保管場所の定め等)の適用はあること。なお、原形のまま取り外
 した成形板で発じんのおそれのないものについては、石綿則第32条第1項及び第2項に基づく包装は必要ないが、破断
 せずに運搬できるよう、成形板に適した大きさのフレコンバッグによる包装を行うこと。

5 上記1から4までの適用は、建築物等解体等作業の現場のみならず、例えば震災被災地における一時仮置き場において
 も同様であること。また、災害被災地におけるがれきについても、分別等により石綿を含有すると判明したものは上記と同
 様であること。

6 上記1から5までの措置に必要な安全衛生経費が伝達されるよう、注文者は配慮しなければならないこと。

7 例えば運送事業者による運搬時において確実な包装が行われている等により、石綿粉じんに労働者の身体がばく露す
 るおそれのない作業は、石綿等の取扱い作業に該当せず、石綿作業主任者の選任等の措置は必要ないこと。

   建築物等から除去した石綿含有廃棄物の放送等の徹底について

           

 6 防毒マスクの選択、使用等に係る留意点  top▲

            

防毒マスクの選択、使用等に当たっての留意点は、厚生労働省から平成17年2月7日付け基発第0207007号「防毒マスクの選択、使用等について」により示されています。
各作業場ごとに保護具着用管理責任者を指名し、防毒マスクの適正な選択、着用及び取扱方法について必要な指導を行うとともに、防毒マスクの適正な保守管理に当たってください。


〇参考資料
   ◆防毒マスク用吸収缶の除毒能力について(「CHSニュース」2017年4月掲載)
      【説明内容】
        〇防毒マスクが有害ガス等を除毒する原理
        〇防毒マスク吸収缶の除毒能力(有効時間)
        〇除毒能力に影響する使用環境

   ◆有機ガス用吸収缶の運用方法について(「CHSニュース」2017年7月掲載)
      【説明内容】
        〇取扱説明書に記載されている破過曲線図と相対破過比を使用した吸収缶の有効時間の算出方法
        〇吸収缶の繰り返し使用とその場合の注意

   ◆有機ガスが混合している時の吸収缶の有効時間と防毒マスクが使用できる濃度上限について
     (「CHSニュース」2017年8月掲載)
      【説明内容】
        〇有機溶剤が混合している環境で使用する吸収缶の有効時間
        〇防毒マスクを使用することができる濃度上限

※上記資料は、興研株式会社 様の許可を得て、同社発行の「CHSニュース」から提供させていただいています。