トップページ>よくある質問コーナー

 よくある質問コーナー

 今後随時掲載を追加いたします。
1 ストレスチェック関係
2 特定化学物質障害予防規則関係

1 ストレスチェック関係  

Q1
経営者がストレスチェックに無関心で、取り組もうとしない
産業保健21(第85号)の20ページに掲載されています。 ←ここをクリック!

Q2
事業場の産業医に実施者を依頼したところ、「自分は精神科医ではないから実施者はできない」と断られてしまった
産業保健21(第85号)の21ページに掲載されています。 ←ここをクリック!

Q3
高ストレス者に対する面接指導を申し込む労働者がほとんどいない
産業保健21(第86号)の20ページに掲載されています。 ←ここをクリック!

Q4
ストレスチェック結果がセルフケアにうまく活用されていない
産業保健21(第86号)の21ページに掲載されています。 ←ここをクリック!

Q5
紙で回収した「職業性ストレス簡易調査票」に回答漏れがあった場合
実施者が確認し、回答者が「答えられない」、「分からない」などという場合には、ストレスの程度を評価することができないので、ストレスチェック制度としては対応することができなくなります。よって未受検扱いになります。 

  

2 特定化学物質障害予防規則関係  top▲

Q1
リフラクトリーセラミックファイバー等の断熱又は耐火の措置を講ずる作業等における有効な呼吸用保護について

当該作業等については、特定化学物質障害予防規則(以下「特化則」といいます。)第38条の20に基づき、事業者は労働者に有効な呼吸用保護具及び作業衣又は保護衣を使用させなければならないと規定されています。
その取扱いについては、平成27年9月30日付け基発0930第9号「労働安全衛生法施行令の一部を改正する政令及び労働安全衛生規則等の一部を改正する省令の施行について」 (平成28年11月30日付け基発1130第4号により改正。以下「通達」といいます。)により示されていますが、その具体的な内容については、平成28年12月27日付け基安化発1227第347号「特定化学物質障害予防規則第38条の20第2号に定める有効な呼吸保護具の防護係数の確認に関する補足について」により補足されています。

具体的に有効な呼吸用保護具を以下の表に示しています。
  労働者ごとに防護係数が100以上であることの確認を行うことにより有効な呼吸用保護具となるもの 労働者ごとに防護係数が100以上であることの確認を行うことを要せずに有効な呼吸用保護具となるもの
電動ファン付き呼吸用保護具   電動ファン付き呼吸用保護具の規格(平成26年厚生労働省告示第455号)に定める粒子捕集効率が99.97%以上かつ漏れ率が1%以下のもの
電動ファン付き呼吸用保護具以外の呼吸用保護具 ①送気マスク(日本工業規格T8153)のうち、半面形面体を有するプレッシャデマンド形エアラインマスク、一定流量形エアラインマスク(全面形面体を有するものを除く。)又は電動送風機形ホースマスク(全面形面体を有するものを除く。)
②空気呼吸器(日本工業規格T8155)のうち、半面形面体を有するプレッシャデマンド形空気呼吸器  
①送気マスク(日本工業規格T8153)のうち、全面形面体を有するプレッシャデマンド形エアラインマスク、全面形面体を有する一定流量形エアラインマスク又は全面形面体を有する電動送風機形ホースマスク
②空気呼吸器(日本工業規格T8155)のうち、全面形面体を有するプレッシャデマンド形空気呼吸器

労働者ごとの防護係数の確認については、通達第2の2(2)のキの(ケ)において「日本工業規格T8150で定める方法により防護係数を求めることにより行うこと。」とされていますが、その方法には、①事業者が保護具アドバイザー※等の協力を得て自ら防護係数を測定する機器を利用するなどして行う方法と、②事業者が呼吸用保護具の製造者等に相談する等により防護係数を求める方法があります。