トップベージ>助成金事業

 産業保健関係助成金

 平成29年度から産業保健関係助成金として、平成27年度から実施している「ストレスチェック助成金」に加えて、「職場環境改善計画助成金」、「心の健康づくり計画助成金」、「小規模事業場産業医活動助成金」が新設されました。
 職場における労働者の健康管理等のために、是非ご活用ください。
  「平成29年度 産業保健関係助成金のご案内」(.pdf)

1 ストレスチェック助成金
2 職場環境改善計画助成金
3 心の健康づくり計画助成金
4 小規模事業場産業医活動助成金

1 ストレスチェック助成金  top▲

 <従業員数50人未満の事業場が対象>
 平成26年6月25日に公布された労働安全衛生法の一部を改正する法律により、ストレスチェックと面接指導の実施等を義務づける制度が創設され、平成27年12月1日から施行されています。
 従業員数50人未満の事業場は当分の間、努力義務となっていますが、この「ストレスチェック助成金」は、派遣労働者を含めて従業員数50人未満の事業場が医師・保健師などの実施者によるストレスチェックを実施し、また、ストレスチェック後の産業医による面接指導などを実施した場合に、事業主が助成を受けることができる制度です。

 この助成金の詳細につきましては、こちら(労働者健康安全機構HP)をご覧ください。

2 職場環境改善計画助成金  top▲

 <従業員数の制限なし>
 平成26年6月25日に公布された労働安全衛生法の一部を改正する法律により、ストレスチェックと面接指導の実施等を義務づける制度が創設され、平成27年12月1日から施行されています。
 この助成金は、事業主の方が専門家※の指導又は各都道府県産業保健総合支援センターのメンタルヘルス対策促進員の助言・支援に基づきストレスチェック実施後の集団分析を踏まえて職場環境改善計画書を作成し、その計画に基づく職場環境改善を実施した場合に、負担した機器・設備購入費用の助成を受けることができる制度です。
 専門家※とは、産業医、医師、保健師、看護師、精神保健福祉士、産業カウンセラー、臨床心理士等の心理職、労働衛生コンサルタント、社会保険労務士をいいます。
 専門家の指導による場合の助成金はAコース、メンタルヘルス対策促進員の助言・支援による場合の助成金はBコースとなります。

 Aコースの助成金の詳細につきましては、こちら(労働者健康安全機構HP)をご覧ください。
 Bコースの助成金の詳細につきましては、こちら(労働者健康安全機構HP)をご覧ください。

3 心の健康づくり計画助成金  top▲

 <従業員数の制限なし>
 厚生労働者は、「労働者の心の健康の保持増進のための指針」を定め、職場におけるメンタルヘルス対策を推進しており、事業者はこの指針に基づき、自らがストレスチェック制度を含めた事業場におけるメンタルヘルスケアを積極的に推進することを表明するとともに、衛生委員会等において十分な調査審議を行い、「心の健康づくり計画」やストレスチェック制度の実施方法等に関する規程を策定する必要があります。
 この助成金は、事業主の方が各都道府県産業保健総合支援センターのメンタルヘルス対策促進員の助言・支援に基づき「心の健康づくり計画」を作成し、その計画を踏まえてメンタルヘルス対策を実施した場合に助成を受けることができる制度です。
  この助成金の詳細につきましては、こちら(労働者健康安全機構HP)をご覧ください。

4 小規模事業場産業医活動助成金  top▲ 

 <従業員数50人未満の事業場が対象>
 職場における労働者の健康管理等を効果的に行うためには、医学に関する専門的な知識が不可欠なことから、常時50人以上の労働者を使用する事業場においては、事業者は産業医を選任し、労働者の健康管理等を行わせなければならないことになっていますが、産業医の選任義務のない労働者数50人未満の事業場(以下「小規模事業場」といいます。)においても、労働者の健康管理等を行うのに必要な医学に関する知識を有する医師等に、労働者の健康管理等の全部又は一部を行わせるように努めなければならないこととされています。
 この助成金は、小規模事業場が産業医の要件を備えた医師と産業医活動の全部又は一部を実施する契約を締結し、実際に産業医活動が行われた場合の実費を助成する制度です。

  この助成金の詳細につきましては、こちら(労働者健康安全機構HP)をご覧ください。